ICUがセクシャルマイノリティーの学生に配慮した学生寮を新設



ICUが2017年に性同一性障がいの学生など、セクシャルマイノリティーに配慮した新学生寮を新設するようです。

以下、引用です。

 

国際基督教大学(ICU・東京都三鷹市)は、性同一性障害などの性的少数者(LGBT)に配慮した学生寮を新築する。男女区別なく入居でき、共同浴場のほかに個室のシャワーブースを備える。今月着工し、2017年4月にオープン予定だ。

同大は03年度にトランスジェンダー(性同一性障害を含む体と心の性が一致しない人)の学生に学籍簿上の名前と性別の変更を初めて認めるなど、LGBTへの対応をいち早く進めてきた。04年度には学内にジェンダー研究センターを設置し、対応を強化。定期健康診断を個別に受診できるようにするなどしている。設備面では、男女の別がない多目的トイレを設置し、個別に利用できる更衣室を常設にした。

 キャンパス内にある学生寮は現行で9寮。このうち、01年度に完成した国際寮「グローバルハウス」で初めて男女が同じ寮で生活するのが一般的な欧米方式を採用。これ以降に建てられた4寮は男女とも入居可能にし、同じ棟をフロアごとに男女別にしている。そのほかは、1寮が男子寮、3寮が女子寮、1寮が大学院生対象の夫婦寮だ。

 今回新築する2棟(7階建てと5階建て)ではさらに、上層階に性別を問わないフロアを初めて設置する。LGBTの該当者だけでなく、希望する学生を受け入れる。また大浴場での入浴を避けたい学生のため、各フロアに個室のシャワーブースも設置する。新寮は建築家の隈研吾氏と日本設計が監修した。

 日比谷潤子学長は「同性カップルに公的書類を発行する自治体が増えるなど、今後、LGBTへの対応がますます求められる。学内のジェンダーフリーをさらに推進していきたい」と話している。【上杉恵子】

http://mainichi.jp/articles/20151215/k00/00e/040/181000cより引用

 

記事でも言及されているように、ICUではジェンダー的な問題にどの大学よりも先駆けて対応しています。

 

この一番の理由として考えられるのが、ICUには「ジェンダー研究所」という強力な研究所が存在するからです。

日本で「ジェンダー学」を本格的に研究する施設はまだマイナー(最近は少しづつ増えてきた?)ですが、ICUのジェンダー研究所は2004年からかなり精力的に活動しています。

ICUの学際性を生かして、人文科学、社会科学、自然科学(特に生物学)の全学問領域から、この「ジェンダー」というトピックを研究、教育しています。

公式サイトはこちら

現在の学長である日比谷学長もこの研究所のメンバーとなっています。

 

私もジェンダー学の授業をいくつか無断でこっそりと聴講したことがありますが、どの先生もかなり熱心に授業をされていました。

また、学生もかなり活発に議論に参加していて、とてもアクティブな授業だったと感じております。

 

 

 

実際のところ、ICUには性的にマイノリティーな方がどの学年でも少数ですが在籍しています。

私が現役生時代にも一人、知り合いが性同一性障がいの方でした。

 

ただ、その方はとても勉強熱心でした。

詳しくは個人情報のためここでは書けませんが、ICUの教育環境を生かして、かなり幅広く授業を履修していたようです。

「ICUで様々な学問に触れる中で、自分のアイデンティティーをがっちりと方向付けていきたいのかなぁ」のと当時はかなり尊敬して見ていました。

 

 

ICUには多様性に富んだ大学です。

どこかの少数民族出身だったり、家がお寺だったり、社会人を辞めて自分探しに来たりと、ICUには様々なバックグラウンドを持った方々が在籍しています。

そして、セクシャルマイノリティーの方々も、決して障がいなどではなく、そのバックグランドの一つだと私は思っています。

ですから、このような方々がのびのび、何の問題もなく学習できる環境を整え、様々な背景を持つ学生が熱心に議論しあうICUの未来を期待したいですね。


icu公式パンフレット←ICUの公式パンフレットはこちらから請求可能です。
(今資料請求すると図書カードが必ずもらえるキャンペーン中です)


ICUのパンフレットには、ICUの教育カリキュラムの詳細や、各メジャーの紹介、奨学金の案内や寮情報など、このサイトでは伝えきれないICU情報がすべて詰まっています。
もし少しでもICUに興味があるのなら是非資料請求してみてください。ICUの魅力がすべてわかります。
あと、ICUのパンフレットは他大のものよりとてもおしゃれでかっこいいのが特長です。



総合教養対策講座 開講中です



サブコンテンツ

ICU受験対策用Twitterアカウントを運用しています。ICUの一般受験を控えている人は是非フォローしてください。

このページの先頭へ