ICUと国際教養大学の比較



ICU(国際基督教大学)との併願先でトップ3に入るのは国際教養大学国際教養学部です。

国際教養大学は、秋田県に設立された大学ですが、国公立で初めて国際教養学部を開学した大学として有名になりました。

 

国際教養大学のカリキュラムは完全にICUをモデルにしています。

何を隠そう、現在(2015年)の学長である鈴木 典比古学長は、もともと ICUの学長として手腕を振るっていた方です。

 

さて、教育カリキュラムが似ている両校ですが、実は大きな違いもあります。

そして、この違いに気付かないで国際教養大学に入学してしまい、ICUの教育を想像していた学生がビックリしてしまうということが稀にあります。

 

そこで、このページでは、ICUと国際教養大学を比較して、両校の類似点そして相違点を挙げていきます。

両校の受験を検討している方は是非参考にしてみてください。

 

ICUと国際教養大学の類似点

専門を決めないで入学できる

ICUは教養学部アーツサイエンス学科という1学部1学科制の大学です。国際教養大学も国際教養学部国際教養学科という1学部1学科制の大学です。

両大学とも、入学する際には自分の専門を決定する必要な全くありません。

例えば、広く一般的な「経済学部」などに入学してしまうと、大学での学びは「経済」が中心になってしまいますが、ICUもしくは国際教養大学に入学すれば、入学してから様々な学問を学ぶ中で自分のやりたいことを見つけられます。

このような仕組みは「later specialization」と呼ばれています。

 

英語教育プログラムを全員が履修

両大学とも、入学して約1年の間に集中的な英語の教育プログラムを用意しています。

ICUではELA(English for Liberal Arts)と呼ばれるレベル別にクラス分けされた授業を履修していきます。この授業は英語”で”さまざまな学問を学ぶカリキュラムで、学習トピックは文系から理系まで幅広い内容が用意されています。ICUに入学した学生はこのELAのおかげで飛躍的に英語力を伸ばすことが可能です。

国際教養大学ではEAP(English for Academic Purpose)と呼ばれるこちらも英語のレベル別に編成されたクラスで、通年の授業プログラムを履修していきます。

EAPの根本概念も、英語”で”学ぶというもので、学生は文系から理系まで様々なトピックを英語で学習していきます。

リベラルアーツ教育

両大学とも、リベラルアーツ教育を実施しています。

リベラルアーツ教育の詳細はこちらで解説していますが、両校とも人文科学、社会科学、自然科学と学問の垣根を超えた学習が可能です。

また、両校は文系理系に関係なく理科系の実験科目が履修できる唯一の大学です。

 

ICUと国際教養大学の相違点

留学の必修性

ICUでは留学は選択制になっています。留学の機会については複数あり、提携先も様々です。詳しくは「ICUでの留学事情」というページで紹介しています。

国際教養大学では、1 年間の留学が義務化されています。

留学の時期は生徒によって変わりますが、大多数の学生は2年次の後半から3年次の前半の1年間をかけて留学します。

 

専門の選択性

この「専門の選択性」は、ICUと国際教養大学の相違点でもっとも大事なポイントですから、受験生の方はよく理解しておいてください。

上記の類似点のセクションで両校共リベラルアーツ教育を実施していると言いました。

確かに、ICUと国際教養大学では文理を問わず様々な学問が履修可能です。

ただ、国際教養大学では、留学後に選択するメジャー決定(専門決定)では

①グローバルスタディーズ専修

②グローバルビジネス専修

の2つのメジャーからしか自分のメジャーを選択できません。

例えば、「理系の学問をたくさん勉強して自分の専門にしたい」と思っても、国際教養大学では「基盤教育」と呼ばれる教養課程でのみの履修になります。

ですから、自分は「物理学」を専門として研究を行いたいとしても不可能に近いのです。

しかし、ICUでは音楽から物理学まで、30をも超えるメジャーから自分の専門が決定でき、自分の専門とした学問を深く、専門的に学ぶことができます。

そして、文系であれ理系であれ、どのようなメジャーでも自分の行いたい研究が実施可能です。

この相違点はとても重要なので、両校を併願している学生の方は注意しておいてください。

 

寮制度

最後の相違点ですが、国際教養大学では寮に住むことが義務化されています。

ただ、これは考えれば当たり前のことで、国際教養大学は秋田県に所在していますので寮に住まなければ最悪「家なき子」になってしまいます。

一方ICUでも寮制度が整っていますが、強制ではありません。

入寮も通学時間などで制限がありますから、必ず希望通りに入寮できるわけではありません。

 

 

 

 

 

以上が両大学の比較になります。

この二つの大学は、政府からは日本のリベラルアーツ教育の最先端を担っていると認識されていますので、ますます発展していって欲しいですね。

そして、学生により良き教育の機会を与えていって欲しいと願います。


icu公式パンフレット←ICUの公式パンフレットはこちらから請求可能です。
(今資料請求すると図書カードが必ずもらえるキャンペーン中です)


ICUのパンフレットには、ICUの教育カリキュラムの詳細や、各メジャーの紹介、奨学金の案内や寮情報など、このサイトでは伝えきれないICU情報がすべて詰まっています。
もし少しでもICUに興味があるのなら是非資料請求してみてください。ICUの魅力がすべてわかります。
あと、ICUのパンフレットは他大のものよりとてもおしゃれでかっこいいのが特長です。



総合教養対策講座 開講中です



サブコンテンツ

ICU受験対策用Twitterアカウントを運用しています。ICUの一般受験を控えている人は是非フォローしてください。

このページの先頭へ