ICU入試での英語対策



ICU入試での英語の対策を紹介します。

ちなみに私は帰国子女でもないのにELP(ELAの旧プログラム)のクラスが一番上でした。

帰国子女でもないのにICUに入学でき、しかも帰国子女と同じクラスに入った方法ですので信じて実行してみてください。

 

まず、単語力と英文法力を地道に鍛えてください。

レベルとしては早慶上智レベルまでの参考書をマスターすれば英語が原因で入試に落ちることはまずありません。
そして、単語帳はぜひともCDが付いているものを買い、毎日聞きながら覚えてください。

例えば当サイトではキクタンAdvanced6000単語王2202などをお薦めしています。

もしまだこのレベルに届いていないようでしたらキクタンBasic4000英単語ピーナツほどおいしいものはない 銅メダルコースで基礎固めをしてから挑戦してください。

次に英文法ですが、こちらもCDが付いているものをお勧めします。

CDを毎日聞くことによって体で英文法を覚えることが出来て、英語を英語で理解する力が身に付きます。

英文法を基礎から学びたいのであればCD付 英文法 これが最後のやり直し! をお勧めします。

この参考書は英語、特に英文法が苦手な方でもCDを聞くだけでスッと頭に入ってきますのでお勧めです。

上記の参考書で英文法の基礎は出来た、またはもうできているという方はさらに高度な参考書を使用してください。

お薦めは表現のための実践ロイヤル英文法(例文暗記CD付き)です。

この参考書は例文が素晴らしく、大学入試の英語を超えた英語力が身につきます。

私の今の英語の表現力はこの参考書から身に付いたといっても過言ではありません。

単語と英文法をある程度まで学習し終えたら次は実践演習です。

ICU入試に関しての実践演習はTOEFLの問題集を解きまくってください。

ICU入試での英語の形式はTOEFLに非常に似ています。

リスニングの会話問題などパクッているのではないか?と疑うほど似ていますのでTOEFLの問題集は非常に効果的です。

お薦めとしてはTOEFL ITP TESTリスニング完全攻略などが挙げられます。

これらの問題集を最低3回は繰り返して解いてください(出来れば2冊分)。

解き終わったころにはもうすでにICUに入学するだけの力は付いています。

 

 

ICU入試ではとにかく英語を英語で理解する力が試されます。

和文英訳や英文和訳問題などは一切出されませんから、ICUにどうして受かりたいという人はそのような無駄な勉強をしないようにしましょう。


icu公式パンフレット←ICUの公式パンフレットはこちらから請求可能です。
(今資料請求すると図書カードが必ずもらえるキャンペーン中です)


ICUのパンフレットには、ICUの教育カリキュラムの詳細や、各メジャーの紹介、奨学金の案内や寮情報など、このサイトでは伝えきれないICU情報がすべて詰まっています。
もし少しでもICUに興味があるのなら是非資料請求してみてください。ICUの魅力がすべてわかります。
あと、ICUのパンフレットは他大のものよりとてもおしゃれでかっこいいのが特長です。



総合教養対策講座 開講中です



サブコンテンツ

ICU受験対策用Twitterアカウントを運用しています。ICUの一般受験を控えている人は是非フォローしてください。

このページの先頭へ